お知らせ

News

お知らせ

2019.06.18

GFC淡路島GRANDESIA グランデシア 旗艦プロジェクト進行状況

第1期 プロジェクト GLAMPING&VILLA de CLASS―グランピング&ヴィラ ドゥ・クラス―

スノーピーク × 建築家 隈 研吾氏によるヒノキづくりのグランピングハウス「住箱」導入! 2019年、第1期オープン予定!

  • 淡路島グランデシア内のグランピングエリアへ入る入口

  • de CLASSのサイン

  • スノーピーク×建築家 隈研吾氏によるヒノキづくりのモバイルハウス「住箱」が続々完成

  • 各住箱の前には専用のウッドテラスを設け、テラスBBQやハンモックをお楽しみいただけます

  • ボタニカルガーデンの一角に、クジャクが暮らすエレガントな鳥舎を、特注で建築する予定。

  • 白いクジャクは珍しく、美しさが人々を魅了します。

  • どのお部屋からでも海や夕陽を望むことができます

  • ツインでもダブルでもスタイルに合わせてご利用いただけます。

  • ヒノキの香りに包まれて、夕陽を眺めながらゆったりとしたバスタイムをお過ごしください

  • お部屋によって異なるインテリア

  • カジュアルすぎないモダンな空間

  • 施設内はカートで周遊

ラグジュアリーな宿泊設備を備え、自然を満喫するキャンプの楽しさと、ホテルの快適さを両立するグランピング。瀬戸内海を望むグランデシアの一角に〝de CLASS(卓越)″という言葉を冠したグランピングエリアが2019年12月25日一部オープン予定です。続く第2期へとさらなる構想を広げていきます。

新国立競技場の建築家 隈 研吾氏による「住箱」
最古でありながら、最もハイテクな建築素材として木(ヒノキ)を使った設計は、同氏による2020年東京五輪の「木に包まれたスタジアム」新国立競技場のデザインにも通じます。シンプルかつこだわりのある設計です。

先進性にAppleも注目 ! 「スノーピーク」の魅力
キャンプの新スタイルを確立したスノーピークは、金属加工で有名な燕三条の地元企業と連携し、高機能な製品を提供しています。『住箱』をはじめ、家具・小物をスノーピークで統一し、上質なグランピングを演出します。
 

源泉掛け流し「夕日ヶ浜温泉」元湯 2019年供給開始予定

2018年より開始していた温泉掘削工事が完了し、いよいよ供給開始に向けての引き上げポンプ設置工事の最終段階に入りました。

瀬戸内海の夕日と多島美を望む敷地内に、湯量の豊富な厳選が湧出し、弱アルカリ性で肌触りのよい泉質です。今後、「住箱」のヒノキ風呂や、約15,000坪のグランデシア全体に自社元湯・源泉掛け流し「夕日ヶ浜温泉」として供給予定です。

 

全室ヒノキ風呂の掛け流し天然温泉で、ワンランク上のグランピングを。

隈研吾氏による木のリゾート、de CLASSクラブハウス2020年度完成予定

第2プロジェクト

レセプションがあるメインエリアには、全室オーシャンビューの客室、インフィニティプール、レストラン、イベントホールなどを備え、他にはないラグジュアリーな空間として誕生予定です。

アクセス

お知らせ一覧に戻る