GFC奥琵琶湖 LAKESIAレストラン「Swan」

Restaurant

湖北の新鮮素材を活かした、
日本料理

RESTAURANT SWAN

手間ひまを惜しまず、バランスよく繊細に仕上げた日本料理。琵琶湖の真ガモやビワマス、日本海の若狭グジや蛍イカ、地元のとれたて野菜が琴線を揺らす美食に仕上がります。

和食メニュー

その土地ならではの旬な厳選食材を使ったメニューでおもてなしいたします。
※季節・コースにより食材・内容が異なります。

秋刀魚幽庵焼き 紅芯大根と香味野菜

焼き松茸と酢橘の越前蕎麦

和牛フィレ肉と大黒しめじの炙り焼き

春づくしのお重

季節のお刺身盛り合わせ

金時草のお浸し、本マグロステーキ、合鴨無花果焼き、奥琵琶湖雅鮎、蓮根とスモークサーモンのあられ揚げ

伊勢海老と南京と茸の白味噌グラタン

松茸と鱧の土瓶蒸し

近江牛のすき焼き

金目鯛のしゃぶしゃぶ

蓮根饅頭とカニ身餡かけ

国産牛のしゃぶしゃぶコース

料金表

| レストランでのご夕食 |

和会席
湖桜(こざくら)コース 7,150円 前八寸、煮物椀、造り、炊き合わせ、焼物、蒸し物、強肴、御飯、水物、コーヒーまたは紅茶など。
山吹(やまぶき)コース 4,400円 前八寸、煮物椀、造り、炊き合わせ、焼物、蒸し物、強肴、御飯、水物、コーヒーまたは紅茶など。
活け越前がに鍋コース
冬季特別メニュー
2021年11月7日~2022年3月中旬まで
23,100円 お 1 人様タグ付き活け越前がに1杯使用
姿ゆで越前がに(特大)、越前がにのすき鍋、越前がに雑炊、デザート
※1グループ2名様以上より承ります
活け越前がにフルコース
冬季特別メニュー
2021年11月7日~2022年3月中旬まで
27,500円 越前がに花咲造りと鮮魚盛り合わせ、越前がにと季節の天婦羅
越前がに甲羅焼き※1名様1個付き。甲羅酒もできます。
越前がに姿茹で(特大)※ご来店後に茹で始めます。ご要望に応じて切り分け致します。
※2名様で1杯。3名様の場合は特大1杯と小1杯。

越前がにすき鍋、越前がに雑炊、デザート
※1グループ2名様以上より承ります
茹で越前がに付き和会席コース
冬季特別メニュー
2021年11月7日~2022年3月中旬まで
13,200円 前菜、鮮魚のお造り、ご飯、デザート
茹で蟹※2名様で特大1杯。1名様の場合は小1杯。
※お1人様より承ります
ゆでがに(特大)1杯単品
冬季特別メニュー
2021年11月7日~2022年3月中旬まで
19,800円 ゆでがに(特大)1杯単品

お子様ディナープレート 1,430円 お子様向け(5歳~小学校3年生位) ワンプレートスタイル(洋食)

※仕入れの都合上、3日前までにご予約ください。

お鍋(2名様~)
すき焼き(国産牛) 4,950円
(小人2,530円)
国産の上質な牛肉を使用。付き出し、御飯、香の物など。
しゃぶしゃぶ(国産牛) 4,950円
(小人2,530円)
国産の上質な牛肉を使用。付き出し、御飯、香の物など。
鴨鍋
(11上旬~3月中旬)
6,600円
(小人3,300円)
厳選された鴨肉を使用。付き出し、御飯、香の物など。
※期間は変動する場合がございます。
バーベキュー
(5月~9月下旬)
4,950円
(小人2,530円)
お肉、野菜、御飯、香の物、デザートなど。
※バーベキューは、屋外の屋根付きBBQテラスになります。

| お部屋でのご夕食 |

【ログハウス】お鍋(2名様~)
すき焼き(国産牛) 4,950円
(小人2,530円)
国産の上質な牛肉を使用。付き出し、御飯、香の物など。
しゃぶしゃぶ(国産牛) 4,950円
(小人2,530円)
国産の上質な牛肉を使用。付き出し、御飯、香の物など。
鴨鍋
(11上旬~3月中旬)
6,600円
(小人3,300円)
厳選された鴨肉を使用。付き出し、御飯、香の物など。
※期間は変動する場合がございます。
バーベキュー
(5月~9月下旬)
4,950円
(小人2,530円)
お肉、野菜、御飯、香の物、デザートなど。
ゆでがに(特大)1杯単品
冬季特別メニュー
2021年11月7日~2022年3月中旬まで
19,800円 ゆでがに(特大)1杯単品

※ケータリングについては、かに料理をお召し上がり直前に用意し、お部屋にお持ちいたします。お鍋や食器、お野菜などは事前にお部屋にご用意いたします。

| レストランでのご朝食 |

和朝食 1,430円
(小人715円)
焼魚、出し巻き、煮物、サラダ、フルーツ、御飯、香の物など。

※季節・コースにより食材・内容が異なります。

シェフの紹介

GFC奥琵琶湖 LAKESIA 和食料理長 東浦 佑介
京都料理の影響を受け、食材の魅力を引き出し、蓮根饅頭や葛豆腐など、葛を練り上げて作る料理を得意としています。山を歩いて自然に触れることも料理づくりの力となっています。