GFCマガジン

magazine

淡路島グランデシア周辺情報

GFC淡路島グランデシアから立ち寄りやすい、淡路島の日帰り温泉施設をご紹介!

 

「GFC淡路島グランデシア」は、波静かな多島海に望む兵庫県淡路島五色町にあります。

その淡路島エリアには、豊富で多彩な源泉に恵まれた温泉スポットが点在。旅の途中で日帰り温泉施設や足湯に立ち寄って、楽しんでください。

今回は、そのGFC淡路島グランデシアから立ち寄りやすい、日帰り温泉施設をまとめてご紹介します。

 

1. 岩屋温泉 美湯松帆の郷


出典:マガジンハウス コロカル

 

兵庫県淡路市岩屋にある「岩屋温泉 美湯松帆の郷(びゅーまつほのさと)」は、明石海峡大橋の眺望と天然ラドン温泉を満喫できる日帰り温泉、そして海の幸も味わえる複合リゾート施設。GFC淡路島グランデシアから車で約45分~55分ほどの場所にあります。

淡路島の玄関口・島の北端の高台にあり、最寄りの淡路ICを降りて約5分と近いため、神戸大阪方面に帰る時にも立ち寄りやすい立地にあります。

世界一のスケールを誇る明石海峡大橋の眺望が目の前に広がる絶好ロケーションで、館内の露天風呂からも明石海峡大橋を眺められるのは大変魅力的です。

お湯は天然ラドン温泉、神経痛や筋肉痛などに効能がある単純弱放射能低温泉です。

館内のお風呂は洋風・和風の2ヶ所があり、それぞれ明石海峡大橋を眺められる露天風呂や内風呂・サウナを満喫できますよ。また洋風浴室にはジャグジーやバイブラバス、和風浴室には圧注浴を設置しています。

併設の「レストラン望海楼」では、淡路島の新鮮な海の幸を味わえます。
期間限定 生しらす丼や、名物 鯛の卵かけご飯、淡路島牛丼、淡路牛バーガーなど、島の美味しいものが大集合!目の前に広がる明石海峡を眺めながら、楽しいお食事タイムも過ごしてみてはいかがでしょう。


出典:淡路島観光アワタビ

 

館内には、全国でも有名な玉ねぎや淡路島ならではの新鮮な海産物など、四季折々の特産品を集めたおみやげ店も展開しています。

◆岩屋温泉 美湯松帆の郷
住所 〒656-2401兵庫県淡路市岩屋3570-77
TEL 0778-37-2360
ホームページ 【公式】 岩屋温泉 美湯松帆の郷
営業時間 温泉 11:00~22:00 (21:00までに入館)、レストラン 11:00~21:00 ※ゴールデンウイーク、正月、夏休み期間は1時間延長。
定休日 第1木曜(1・4・5・8月は無休
料金 大人700円、子供400円(4才~小学生まで)、4歳未満は無料、障がい者等600円(要証明)、その他回数券もあり

 

2. 潮崎温泉 南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる


出典:じゃらん

兵庫県南あわじ市北阿万筒井にある「潮崎温泉 南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる」は、天然温泉効果と、健康・美容・遊びの要素を織り交ぜた日帰り温泉施設。GFC淡路島グランデシアから車で約35分~45分ほどの場所にあります。

近くのキャンプ場・海水浴場の帰りに立ち寄る人も多く、潮崎温泉の天然温泉効果はもちろんですが、健康・美容・遊びの要素を織り交ぜたバラエティ豊富なお風呂が人気です。館内には、奇数日・偶数日で男女が入れ替わる2つの浴室「A浴室」「B浴室」を設置しています。

「A浴室」は、ゆったりとリラックスできる和室タイプ(奇数日女性/偶数日男性)

出典:潮崎温泉 ゆーぷる

塩サウナも利用すれば、さらにお肌がすべすべになりますよ。

そして「B浴室」は、お子様とも楽しめる洋風タイプ(奇数日男性/偶数日女性)

出典:潮崎温泉 ゆーぷる

お湯の流れるスライダーやうんてい、湯の中を歩きながら運動不足を解消できるハイキングウォーク、全身ストレッチができるタングラーなど、一風変わったお風呂です。裸で楽しむスライダーはまさにアグレッシブ!で、お子さんも大喜び間違いなし。

もちろん天然温泉効果でお肌もツルツルになりますよ。瀬崎温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩温泉・低張性・アルカリ性温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・痔疾・慢性消化器病・冷え性・やけど・慢性皮膚症などに効果があります。

天然温泉のお風呂を満喫したあとは、館内の施設での休憩も可能です。

木造で落ち着いた空間の交流スペースや、ウッドデッキの屋外休憩スペース、のんびりリラックスしてひと休みできる畳スペースなど。飲食コーナーも併設しています。

◆南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる
住所 〒656-0534 兵庫県南あわじ市北阿万筒井1509-1
TEL 0799-50-5126
ホームページ 【公式】潮崎温泉 ゆーぷる
営業時間 朝10:00~夜10:30(10時受付終了)
定休日 第3木曜日(8月は無休)
料金 大人(中学生以上64歳まで)630円、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方520円、小人(3歳~小学6年生まで)310円、幼児(3歳未満)無料、その他回数券もあり

 

3. 南あわじクア施設さんゆ~館


出典:南あわじ市

兵庫県南あわじ市神代社家にある「南あわじクア施設さんゆ~館」は、広い露天風呂や水着浴のバーデゾーンがあり、家族で楽しく健康づくりができるクア施設。GFC淡路島グランデシアから車で約30分ほどの場所にあります。

太陽とゆうゆう遊べる碧の中の温泉リゾートで、お子様連れの方からお年寄りまでがゆったりくつろげる新しい形のリゾートを展開しています。

館内のお湯は天然温泉・三原温泉、泉質はアルカリ性単純温泉・ナトリウム炭酸水素塩温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・冷え性・うちみ・くじき・病後回復・疲労回復・健康増進などに効果的です。無色透明・ほぼ無味無臭のやわらかなお湯です。

館内は3つのゾーンに分かれています。

出典:南あわじクア施設さんゆ~館

「バーデゾーン」は淡路島初!の屋内外で楽しめる水着浴ゾーン。男女一緒に水着で入浴を満喫できるクア施設で、7月~8月の期間限定営業しています。屋内と屋外2つの空間に設置されたジャグジーや流水水槽で心身ともにリフレッシュ。

またお子様連れの方には、すべり台・子供風呂・誰でも利用できる低温サウナがおすすめですよ。

そして裸浴大浴場ゾーンは、和風の「おのころの湯(奇数日女性/偶数日男性)」と洋風の「ゆづるはの湯(奇数日男性/偶数日女性)」の2つがあり、男女日替わりで楽しめます。

国生みの神話の地にできた「おのころの湯」は、和風の情緒たっぷりのリラックス空間。日本最大級の鳥居がそびえる「おのころ神社」にちなんで名づけられた浴場で、ジェットバス・電気風呂などの施設、そしてスチームサウナや広々とした露天風呂でくつろげます。

「ゆづるはの湯」は、淡路島最高峰の諭鶴羽山にちなんだ洋風のクア空間。設置された大型のスタジアムサウナでは、遠赤外線効果で身体の芯から温めることができますよ。

◆南あわじクア施設さんゆ~館
住所 〒656-0451 兵庫県南あわじ市神代社家2332
TEL 0799-43-3939
ホームページ さんゆ~館(指定管理者サイト)
営業時間 10時~22時30分(受付終了22時)
定休日 第2火曜日(8月は休館日なし)

 

4. 東浦花の湯


出典:全国観るなび

 

兵庫県淡路市久留麻にある「東浦花の湯」は、東浦IC降りてすぐ!気軽に立ち寄れる人気の入浴施設。GFC淡路島グランデシアから車で約40分~50分ほどの場所にあります。

平成15年5月にオープン。東浦IC降りてすぐの場所、ドライブ途中でもレジャー帰りでも気軽に立ち寄りやすい好立地にあり、年間15万人以上の方が利用する人気の温泉スポットです。ここで満喫できる「東浦温泉」は、温泉の三要素である温度・成分・量とも優れた良質の天然温泉。

非常になめらかな感触のお湯で、日本三大美人湯とされる和歌山県・龍神温泉程度の重曹成分を含有しているのが魅力的です。
泉質は「ナトリウム 炭酸水素塩低温泉 低張性、中性、低温泉」で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病などに適応しています。

館内1F左右に分かれた2つの浴室は日替わり入れ替え制、いずれも広々としたスペースで身体一杯にリラックスしてくつろげる空間です。
花と光に囲まれた露天風呂やうたせ湯・主浴槽・ジェットバス・庄注浴槽など多彩なお風呂で愉しめます。

館内1F2Fに畳の休憩所や、ドリンクコーナー&売店も設置しています。

◆東浦花の湯
住所 〒656-0451 兵庫県淡路市久留麻2743番地
TEL 0799-74-0101
ホームページ 【公式】東浦花の湯
営業時間 11:00~22:00(最終受付21:00)
定休日 毎月第二火曜日 (8月は定休日はございません)
料金 大人(12歳以上)730円、小人(4歳以上12歳未満)410円、高齢者(65歳以上)620円、身体障害者等620円

 

5. ゆとりっく


出典:日帰り温泉なび

兵庫県南あわじ市湊にある「ゆとりっく」は、うずしお温泉も楽しめるフィットネスクラブの施設。GFC淡路島グランデシアから車で約18分ほどの場所にあります。

こちらの施設で満喫できる「うずしお温泉」は、日本三大美人湯と言われる川中温泉・龍神温泉・湯の川温泉よりも「炭酸イオン」が多く含まれているのが魅力です。温泉研究家や温泉好きの女性が美肌成分として最も評価する炭酸水素イオンが4,040㎎と日本屈指の含有量で、ph7.55の弱アルカリ性だから清潔で健やかな状態のお肌へ導くことが期待でき、また多量に含有するナトリウム成分がしっかりとお肌を保湿します。美容効果が高く、入浴後はつるつるすべすべ!べっぴん湯を実感できるはずですよ。

館内「すこやか温泉」にはスチームサウナ/ドライサウナ、「やすらぎ温泉」にはドライサウナ、そして薬湯・水風呂・電気風呂・打たせ湯なども設置しています。

◆ゆとりっく
住所 〒656-0332 兵庫県南あわじ市湊77
TEL 0799-36-5789
ホームページ ゆとりっく
営業時間 うずしお温泉 午前10:00~午後10:30(受付は午後10:00まで)、フィットネス・プール 午前10:00~午後 9:30(受付は午後 9:00まで)
定休日 水曜日 ※祝日、小学校の春・夏・冬休みにあたる水曜日は営業
料金 【ゲスト一般利用】小人(小学生まで)310円、大人630円、65歳以上520円、障がい者は左記金額の半額、その他会員料金あり

 

6. 足湯 うずのゆ


出典:南あわじ市

兵庫県南あわじ市福良甲にある「足湯 うずのゆ」は、おすすめの足湯スポット。GFC淡路島グランデシアから車で約30分~45分ほどの場所にあります。

世界一の鳴門のうずしおを見るための観潮船が出ている福良港(うずしおドームなないろ館隣)にあり、日帰り温泉施設ではありませんが、気軽に誰でも無料で足湯の温泉(潮崎温泉)を満喫できます。

泉質はナトリウム-炭酸水素塩温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・疲労回復等に効果あり。
多くの観光客が訪れてる人気スポットです。
出典:淡路WEBドットコム

 

足湯の施設は、鳴門海峡の渦潮をイメージした「うず潮足浴」や、福良は漁業が盛んなことをイメージした「たこ壷足浴」といったものから、対面足浴・片面足浴・手浴・休憩テラス・更衣室なども併設しています。

◆足湯 うずのゆ
住所 兵庫県南あわじ市福良甲1528番地7地先 うずしおドームなないろ館隣
TEL 0799-52-2336(淡路島観光協会南あわじ観光案内所)
ホームページ 南あわじ市
営業時間 10時~17時
定休日 火(祝日営業及び夏休み期間は営業)・年末年始・メンテナンスのための臨時休業あり
料金 無料

 

7. GFC淡路島グランデシアに滞在時は、気軽に日帰り温泉施設に立ち寄ろう


「GFC淡路島グランデシア」周辺には、気軽に立ち寄りやすい日帰り温泉施設がたくさんありましたね。

 

「GFC淡路島グランデシア」には源泉掛け流しの「夕日ヶ浜温泉」を贅沢に楽しめるヒノキ風呂があります。

淡路島の美しい海辺の景色を楽しみながらゆっくりと癒されてください。
弱アルカリ性で大変肌触りのよい泉質です。

 

「GFC淡路島グランデシア」にお越しの際は、宿泊前後にふらりと気軽に日帰り温泉に立ち寄って、複数の温泉の違いを確かめながら温泉の魅力にどっぷりと浸かってみるのもおススメです。

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする