GFCマガジン

magazine

施設周辺情報

淡路島にはインスタ映えスポットがいっぱい!1泊2日おすすめの回り方

淡路島は大阪市内から車で2時間もかからないアクセスの良さで人気の観光地です。

年間を通じて温暖な気候で、キラキラと輝く海・自然豊かな風景・ユニークなテーマパーク・名物グルメなど魅力がいっぱい。

思わず写真を撮影してインスタグラムなどのSNSに投稿したくなってしまう「映えスポット」の宝庫なんです。

今回は、絶対に外せない人気のお店からちょっと穴場の施設まで、淡路島の「インスタ映え」間違いなしのスポットを紹介します。

関西なら日帰りも可能な淡路島ですが、ぜひ1泊2日でたっぷり愉しんでみて下さいね。

明石海峡大橋を渡って「淡路シェフガーデン」でご当地グルメのランチはいかが

京阪神から車で淡路島に向かうには、阪神高速の垂水JCTから明石海峡大橋を渡るのが定番コースです。

淡路島に入り、淡路ICで高速道路を降りたらすぐの海沿いにあるのが「 Awaji Chef’s Garden(淡路シェフガーデン)」。

公式サイト:https://www.awaji-chefgarden.com/

食材の宝庫「御食国」と呼ばれる淡路島産の食材を生かし、コロナ禍で影響を受けたシェフたちが集結して、2年間限定の「屋台村」のように色々な料理を味わえる施設を立ち上げたのだそうです。

瀬戸内の魚介を生かした料理や真っ黒なイカスミのソフトクリームなどはSNSでも話題になりそうですね。

▼「淡路シェフガーデン」のさらに詳しい記事はこちらにも

淡路島NEWスポット「淡路シェフガーデン」

https://www.gfc.co.jp/blog/awaji-chefs-garden/

 

「淡路夢舞台」「あわじ花さじき」で自然に癒やされる

自然のゆたかな淡路島には、花や緑に囲まれて癒やしの時間を過ごせるスポットも点在します。

淡路シェフガーデンを出て海沿いを南へ走るとすぐに「淡路夢舞台」に到着します。

出典:淡路夢舞台

建築家の安藤忠雄氏がデザインした広大な敷地内には、噴水や温室・教会などが配され、斜面全体に100マスの花壇が並ぶ「百段苑」はまるでアニメのワンシーンのよう。

写真をSNSに投稿すれば「ここはどこ?」と反響を呼ぶこと間違いなしですよ。

公式サイト:https://www.yumebutai.co.jp/

兵庫県立公園 あわじ花さじき

お花が好きな方は、西へ足を伸ばして「あわじ花さじき」もおすすめ。

四季折々の花が植えられているため、春は菜の花・秋はダリアやコスモスなどが一面に咲き、フォトジェニックな写真が撮れます。

▼「あわじ花さじき」の詳しい記事はこちらにも
淡路島の観光スポット 花の名所「あわじ花さじき」
https://www.gfc.co.jp/blog/awaji-flower-spot/

 

穴場?レトロな赤レンガ倉庫とドラクエ記念碑


画像:洲本市

さらに島の東海岸を南に下っていくと、洲本(すもと)の市街地に入っていきます。

洲本市民広場や図書館近くの一帯は、明治時代から残る赤レンガの倉庫群をリノベーションし、レストランやキッズスペースを備えた複合施設「S BRICK」が2021年にオープンしたばかりの、レトロな雰囲気が漂う穴場スポットです。

いちはやく訪れてぜひSNSに投稿してみて下さいね。

「S BRICK」の前には、東京オリンピックの入場曲にも採用されて注目の高まる「ドラゴンクエスト」30周年記念碑もあります。ゲーム好きな友人へ、写真をシェアしてみてはいかがでしょう。

出典: 竹中銅器

 

宿泊はGFCでグランピング気分!


洲本市内から県道46号線に入れば、島を東西に横断し30分ほどで西海岸に到着します。

晴れた日は瀬戸内海の美しい夕焼けが望める絶好のロケーションにあるのが、会員制リゾート「GFC淡路島グランデシア」です。

GFC淡路島 GRANDESIA(グランデシア)施設ページ:https://www.gfc.co.jp/experience/grandesia/

穏やかな白砂のビーチに隣接した約48,000㎡という広大な敷地に「木」をテーマにした最先端リゾートのビックプロジェクトが進行しています。
現在は約3,000㎡のグランピングエリアが先行オープン。

建築家・隈研吾氏デザインのモバイルハウス「住箱(じゅうばこ)」や、大きなウッドデッキを備えた「グランピングヴィラMOKU」が並び、今後もクラブハウスの開発が進んでいます。

▼グランピングについてはこちらの記事でも詳しく解説しています

2021年グランピング最新事情!家族や仲間と快適にアウトドア気分を愉しむhttps://www.gfc.co.jp/blog/glamping-news/

ちょうど淡路島の南北の中間に位置し、今回紹介したスポットにも足を運びやすいだけでなく、GFC淡路島グランデシア自体も海や砂浜・夕焼けなどの美しい風景をバックに記念撮影したり、ウッドデッキでハンモックでお昼寝したりワインやコーヒーを楽しんだり…と「映える」場所がいっぱいなんです。

▼GFCの別荘シェアについて、詳しくは以下より無料で資料をご請求いただけます。
資料請求はこちらから→

 

「幸せのパンケーキ」でブランチ&映え写真


朝、すこしゆっくりと目覚めたら、ブランチには海岸沿いを北へ30分ほどドライブして超人気店「幸せのパンケーキ」はいかが?

公式サイト:https://magia.tokyo/awaji/

ふわふわしっとりのパンケーキが食べられるだけでなく、敷地内には、青い海の上に突き出した真っ白な「幸せの階段」や背景に海と空をひとりじめできる「岬のブランコ」など、まさに「インスタ映え」の撮影スポットがいくつもあります。

なお「幸せの階段」は満潮の時間帯には行き来できなくなるそうですので、午前中に行くのが特におすすめ。

▼「幸せのパンケーキ」についての詳しい記事はこちらにも
淡路島・話題の映えスポット「幸せのパンケーキ淡路島リゾート」
https://www.gfc.co.jp/blog/awaji-siawasepancake/

ちなみにGFC淡路グランデシアから幸せのパンケーキに行く途中、少しだけ山の方へ寄り道すると、大きな石の壁にあの「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の登場人物を描いた、通称「鬼滅の壁」を見学することもできます。

ご自身やお子様・お孫さんが鬼滅ファンならぜひ立ち寄ってみては。


Googleマップ:「鬼滅の壁

 

おわりに

今回ご紹介した他にも、淡路島には1回では回りきれないほどたくさんの「映える」観光名所やグルメがまだまだあります。

GFCの「所有しない別荘」を拠点にすれば、家族や仲間と安心して水入らずで宿泊しつつ、さまざまなプランで何度でも淡路島を訪れることが可能です。

GFCリゾートが気になった方はぜひ以下からお問い合せ下さい。無料で資料をお送りいたします。

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする