GFCマガジン

magazine

湯の山スパシア周辺情報

三重県の観光地穴場スポット「にぎわいの森」と「いなべ市農業公園」をご紹介!

※出典:にぎわいの森

「GFC湯の山 スパシア」にお越しの際に、少し足を伸ばして頂くことで景色とグルメを味わえる、おすすめの観光スポットが2つあります。

●「にぎわいの森」
●「いなべ市農業公園」

この2つのおすすめスポットは、GFC湯の山 スパシアから車で30分から40分のところにあります。大人旅はもちろんお子様連れでも楽しめる観光地です。

お帰りの際は、最寄りの高速道路のインターまで近いため大変便利です。ゆったりドライブ旅におすすめです。

三重県観光地①「にぎわいの森」

 

※出典:いなべ市公式

「にぎわいの森」は、三重県いなべ市にあります。
いなべ市の新庁舎の隣に、令和の時代とともにスタートした新しい施設です。

山からの風が吹き抜ける開放的な場所。
いなべの食材を使った色とりどりの料理や商品を扱う店舗6店とブドウ園が集まっています。

イベントやワークショップ、マルシェを通じて、地域と都市住民と交流できる施設です。

「にぎわいの森」へは、GFC湯の山 スパシアから、お車で30分です。
GFC湯の山 スパシアより県道626号線を10分。国道306号線を員弁方面へ20分ほどで「にぎわいの森」へ。

にぎわいの森にある6つの店舗とブドウ園をご紹介します。

 

フードブティック「キッチュエビオいなべ」


※出典:株式会社フード生田

地元食材を使ったおしゃれなランチプレートやオーガニック商品を取り揃えたフードブティックです。
全国から選び抜かれた、体に優しいワインや調味料などの厳選された食料品が販売されています。

有機野菜をふんだんに使った、色彩鮮やかなランチプレートが人気です。
カラダが喜ぶ食材にこだわっていて、見た目にも美しく、食べても美味しい。


※出典:キッチュエビオ いなべ

◆キッチュエビオいなべ
営業時間:10:00~17:00 (ランチ 10:30~14:00ラストオーダー)
定休日:火曜日
席数:店内24席
おすすめメニュー:テイクアウト、お席のご予約は電話にて前日まで受け付けております。
ランチメニューは月替わりになります。
公式サイト:http://food-ikuta.co.jp/shop_inabe/

 

カフェ「cafeRob いなべ店」


※出典:caferob_inabe

ふわしゅわ台湾パンケーキ
焼き立てのパンケーキなので、注文後20~30分程度かかりますが、テンションが上がるほどの感動が待っていますよ。
期間限定のパンケーキは、インスタ映えするほどに、見た目も可愛く、食べても美味しく口の中でしゅわっと、とろけてしまいます。
国産小麦にこだわった、Rob自慢のオリジナルのパンケーキミックス使用をしているため、安心安全にお召し上がり頂けます。

また、Robの黒糖タピオカは、タピオカ好きにはたまらない極上のもっちりとした食感が癖になります。

※出典:caferob_inabe

◆cafeRob いなべ店
営業時間: カフェ10:00~17:00
(カフェ16:30 O.S./ドリンク16:30 O.S.)
テイクアウト10:00~17:00
休業日 なし
公式サイト:https://caferob.com/

 

ブーランジェリー「魔法のパン」


※出典:にぎわいの森

毎日長蛇の列ができる評判のパン屋さんです。
一番人気は、魔法の食パンです。
素材そのものの美味しさにこだわった、究極の食パン。
ふんわり甘い香りに包まれ、外はパリッと、中はモチモチふわふわです。
焼き立てをそのまま食べるも良し、冷めてからトースターで焼いても美味しいです。
魔法の食パンは、素朴な味わいが癖になります。日々の何気ない暮らしを、まるで魔法のように、豊かにしてくれます。
毎朝食べたくなる、素朴な味わいの食パンです。
食パン以外のサンドイッチや総菜パンなどもおススメですよ。

◆魔法のパン
営業時間: 9:00~18:00(売切れ次第終了)
休業日: 火曜日・水曜日
電話: 0594-87-7007
店舗インスタグラム

 

パティスリー「r26(エールヴァンシス)」


※出典:にぎわいの森

関西屈指の人気パティスリー「ラヴィルリエ」の2号店。
店名の26は、オーナーシェフの服部さんにとって縁のある数字という意味が込められているそうです。
しっとりとした濃厚な風味のバスクチーズケーキは、お店の看板商品で大変人気があります。
その他、焼き菓子、アイスクリームなど、どれも斬新なアイデア満載で目移りしてしまいます。

特にいなべ産の卵やお茶をぜいたくに使ったご当地スイーツは、“ここでしか”味わえない絶品スイーツです。
食材にこだわったフレッシュ果実のアイスクリームも見逃せないおいしさです。

期間限定メニューには普段味わえないような、変わったメニューも登場しますので、何度尋ねても新鮮な驚きがあります。

いなべで栽培している「かぶせ茶」もスイーツとの相性抜群です。煎茶と玉露のちょうど中間あたりのまろやかな味わいが特徴のお茶です。

また、手土産としても大変喜ばれる焼き菓子も充実しています。

◆r26(エールヴァンシス)
営業時間:10:00~17:00
休業日:火曜日・水曜日
店舗インスタグラム

 

シャルキュトリー「食肉加工屋FUCHITEI」


※出典:食肉加工屋 FUCHITEI

フランス料理店を13年間営んでいた、FUCHITEII(フチテイ)さんがソーセージやテリーヌに魅了され、オープンしたお店です。

素材の旨味にとことんこだわったソーセージは、豚・水・スパイス・塩のみからできています。その全ての食材はいなべ産を使用。安心安全な無添加素材を厳選しています。

薪火で焼くソーセージから溢れ出る肉汁は、本来の肉のうまみをギュッと閉じ込めた黄金のスープのような想像を遥かに超える旨味です。

ホットドックのパンは肉汁をしっかり受け止めるソフトパン。まさに至高のホットドックと言えるでしょう。口に運べば肉汁がじゅわっ~と溢れだし、自然と笑みがこぼれますよ。

 

◆食肉加工屋FUCHITEI
営業時間: 11:00~16:00(売切れ次第終了)
※オーダーストップ15:00
休業日: 火曜日・水曜日
公式サイト:http://www.fuchitei.com/

 

いなべセレクトショップ「inabe’s shop」


※出典:にぎわいの森

期間限定でまちの魅力や産品を紹介するセレクトショップ。
いなべの資源を活かした地域性の高い逸品ばかりをセレクト。

にぎわいの森の中にたたずむログハウスは木の香りに包まれています。
特産品や、地域の店舗と連携した四季折々の和洋菓子などが並びます。
また店舗前のウッドデッキでは、地域の人たちと交流できるワークショップも随時開催され、賑わっています。

お土産としても大変喜ばれる逸品ばかりですよ。

◆inabe’s shop
営業時間: 10:00~16:00
休業日: 火曜日・水曜日

 

ブドウ園「ブルーチップファーム」


※出典:にぎわいの森
 

店舗から少し奥へ進んだところにブドウ園があります。
いずれ商品化を目指すいなべワインの試験農場です。
こちらでは、メルローという品種のブドウを栽培しています。

農業の6次産業化を行っているブルーチップファームが運営しています。

 

三重県観光地②いなべ市農業公園


※出典:いなべ市農業公園

いなべ市農業公園は、東海エリア最大級の規模を誇る梅林があります。
梅林エリアと牡丹エリアに分かれており、四季折々の花が楽しめる施設です。
いなべ市農業公園へは、「湯の山スパシア」から、お車で40分です。

GFC湯の山 スパシアより県道626号線を10分。
国道306号線を員弁方面へ走ること20分。
県道107号線に入り10分ほどでいなべ市農業公園に到着します。

梅林公園


※出典:いなべ市農業公園

三重県の梅の名所として大変人気な観光地となっています。
毎年3月上旬から下旬に開催される「梅まつり」には多くの観光客が訪れます。
38ヘクタールの梅林公園に咲き誇る花梅は、まるで絵画を見ているような美しさです。
東海エリア最大級の100種類・4,000本以上の梅が咲き乱れています。
インスタ映えする写真撮影ができますよ。

●梅まつり
大人 500円(中学生以上)
小学生以下無料
開園時間:9:00~16:00

藤原パークゴルフ

施設には、パークゴルフ場があります。
道具は100円で借りられるので、手ぶらでも小さなお子さんから年配の方まで手軽にゴルフが楽しめます。

パークゴルフの混雑状況がリアルタイムにホームページから確認できます。


※出典:いなべ市農業公園

大自然の中で年齢を超えて家族みんなでリーズナブルに楽しめますよ。

●藤原パークゴルフ場
開園時間:9:00~16:00
料金:
1ラウンド(18ホール)500円
1日フリー 1,200円
貸道具 100円

農業レストランフラール


※出典:観光三重

園内のレストランでは、地元産の安心・安全な朝どれ野菜や珍しい野菜が食べれます。
お料理は20~30種類のビュッフェ形式で、公園内に栽培されている山菜やハーブなどの食材も豊富です。

野菜は完熟するまで育てているので、野菜本来の甘みや旨味が普段味わっている野菜とは違います。
野菜嫌いの子供達も野菜好きになって帰っていくそうですよ。


※出典:観光三重

自然と触れ合い、ゆっくりとした時間と潤いを感じながら過ごして頂けます。

●農業レストランフラール
開園時間11:00~14:00 
定休日:水曜日
料金:
大人 1,100円(税別)
子供 800円(税別)
幼児 300円(税別)


◆いなべ市農場公園
所在地:三重県いなべ市藤原町鼎3071番地
開園時間:
梅林公園9:00~16:00
エコ福祉広場:8:30~17:00
公式サイト:http://www.inabe-nougyoukouen.com


まとめ

今回は、GFC湯の山 スパシアから立ち寄りやすい人気の観光地をご紹介しました。

GFC湯の山 スパシアは完全会員制の全邸天然温泉付きヴィラです。
ハイエンドなマテリアルが、モード性の高い美的空間を作り出し、リュクスな時間を愉しむことができます。

GFC湯の山 スパシアに宿泊の際は、「にぎわいの森」「いなべ市農業公園」へドライブしてみてはいかがでしょうか。
地元産の美味しい食べ物に触れ、現地ならではの旬を楽しんでいただける三重県の観光スポットです。

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする