GFCマガジン

magazine

淡路島グランデシア周辺情報

お子様連れにおすすめ!淡路島観光スポット10選

「GFC淡路島グランデシア」は、瀬戸内海が見わたせる兵庫県淡路島にあります。

淡路島一周は車で4時間程度の大きさで、どのエリアにも行きやすいのが魅力の一つ。
また、歴史的スポットから一日中遊べるテーマパーク、自然を感じられる牧場など、様々な観光名所があります。

今回は小さなお子様のいるご家族を対象に、お子様連れにおすすめの淡路島の観光スポット10選をご紹介します。

一日中楽しめる!淡路島のテーマパーク/複合施設

淡路ワールドパーク「ONOKORO」


出典:淡路ワールドパーク「ONOKORO」

淡路ワールドパーク「ONOKORO」は、子どもから大人まで楽しめるテーマパークです。パーク内は「恐竜ワールド」「童話の森」「ミニチュアワールド」「遺跡の世界」に分かれています。

世界中の遺跡や建築物をミニチュアにした「ミニチュアワールド」では、世界旅行の気分が味わえます。ニュージーランドのクライストチャーチ大聖堂やドイツのイシュバンシュタイン城などの精巧なミニチュア模型に驚くこと間違いなし。

「ONOKORO」の中には、レストランや淡路島の特産品が購入できるショップもあります。キッズメニューもあるので、家族みんなで食事が楽しめるでしょう。

GFC淡路島グランデシアからは車で約30分ほどの場所にあります。一日中遊んで疲れたら、グランデシアの温泉に浸かって癒されましょう。

◆淡路ワールドパーク「ONOKORO」 情報
〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8番5
TEL:0799-62-1192
ホームページ:淡路ワールドパーク「ONOKORO」
定休日:不定休
営業時間:9:30~17:30(10月〜2月は17:00閉館)
駐車場:あり(無料、乗用車1000台)

 

淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」


出典:淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」

「クールジャパン×自然×テクノロジー」を実現したテーマパークです。普段は画面や紙面でしか楽しめないアニメや漫画、ゲームを五感を使いながら楽しむことができます。

2022年1月現在は、アニメ「クレヨンしんちゃん」「NARUTO-ナルト-」「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」と映画「ゴジラ」、ゲーム「ドラゴンクエスト」の世界観を再現したアトラクションが楽しめます。

夜の「ニンゲンノモリ」は昼間とは変わった雰囲気を楽しめます。現在は手塚治虫氏の「火の鳥」の世界観を題材にしたオリジナルストーリーが楽しめる「ナイトウォーク」が実施されています。全長約1.2kmの暗い森を歩きながら体験できるのは「ニンゲンノモリ」だけ。

◆淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」 情報
〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425番2号
ホームページ:淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」
定休日:なし(一部メンテナンスにより利用不可のエリアあり)
営業時間:10:00~21:00
駐車場:あり(無料、一部有料)

 

ウェルネスパーク五色


出典:ウェルネスパーク五色

「ウェルネスパーク五色」は、遊んで食べてくつろいで、体験までできる複合施設です。

体験施設「夢工房」では、お菓子作りやパン作りだけでなく、染色体験や瓦粘土の陶芸体験も可能です。親子で一緒に行うものづくり体験は、淡路島旅行をさらに良い思い出にしてくれるでしょう。季節によっては野菜や果物の収穫体験もできます。

レストラン「浜千鳥」では淡路の海の幸、山の幸の両方を味わうことができます。子供プレート(ランチ)やハンバーグセットなど、お子様が好きなメニューも揃っています。

敷地内には、屋根のある多目的広場やテニスコートがあります。芝生のひろがる「わんぱく広場」には、小さいお子様でも楽しめる遊具がたくさん。春や秋にはフリーマーケットやキャラクターショーも開かれるようです。

GFC淡路島グランデシアからウェルネスパークまでは車で5分の距離。時間がある時にフラッと寄れる観光スポットです。

◆「ウェルネスパーク五色」 情報
〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志1087
TEL:0799-33-1600
ホームページ:ウェルネスパーク五色
営業時間:施設により異なるためHPでご確認ください
駐車場:あり(無料、乗用車200台)

 

自然や動物と触れ合える観光スポット

淡路ファームパーク「イングランドの丘」

自然や動物と触れ合いたいなら、淡路ファームパーク「イングランドの丘」がおすすめです。GFC淡路島グランデシアから車で約30分の場所にあります。

「コアラ館」「うさぎのくに」「ワラビー広場」などではかわいい動物を見ることができます。いろどりどり舎では、日本に生息していないカラフルなオウムやインコの仲間、猛禽類にも出会えちゃいます。

体験施設ではパンやアイスクリーム作り以外にジェルキャンドルやハーバリウムも作成できます。野菜や果物の収穫体験などもあります。自分で作ったパンや、ご家族一緒に収穫した野菜は、美味しいこと間違いなし。

体を動かして楽しめるアトラクションもあるので、一日中楽しめるでしょう。

◆淡路ファームパーク「イングランドの丘」 情報
〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401番地
TEL:0799-43-2626
ホームページ:淡路ファームパーク「イングランドの丘」
定休日:月により異なります
営業時間:9:30~17:00(4月〜9月の土日祝は17:30閉館)
駐車場:あり(無料、乗用車1000台)

 

淡路島牧場


出典:淡路島の声が聞こえるwebマガジン 島ノオト

 

楽しく美味しく自然体験ができる「淡路島牧場」は、お子様のいるご家族にぴったりです。

乳しぼり体験では、スタッフが丁寧にしぼり方を説明してくれるので、小さいお子様や初めての大人の方でも安心です。バター手作り体験もあり、出来立てのオリジナルバターを味わうこともできます。

淡路島は澄んだ空気と豊かな自然があり、酪農に適した環境にあります。「淡路島牛乳」は、生乳本来の程よい甘さとコクが人気の牛乳です。淡路島牧場では、美味しい淡路島牛乳が伸び放題になるとのこと。

バーベキューの館では、淡路牛のバーベキューや焼肉が堪能できます。自然に囲まれながら食べるバーベキューは最高です。牧場ならではの、ソフトクリームもありますよ。

GFC淡路島グランデシアから淡路島牧場までは、車で約30分の道のりです。天気の良い日におすすめの観光スポットです。

◆「淡路島牧場」 情報
〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1番地
TEL:0799-42-2066
ホームページ:淡路島牧場
定休日:月により異なります
営業時間:9:30~17:00
駐車場:あり(無料、乗用車1000台)

 

淡路島ならではの体験ができる淡路島の観光スポット

うずしおクルーズ

出典:うずしおクルーズ

「淡路島」と聞いて「うずしお」を思い浮かべた方も多いでしょう。淡路島から出航している「うずしおクルーズ」では、世界最大のうずしおを目の前で見ることができます。淡路島でしか見られない自然現象を、お子様と一緒に経験しませんか?

うずしおクルーズには「日本丸」と「咸臨丸(かんりんまる)」という2隻の船があります。初代咸臨丸が登場してから約25年たった2021年、「咸臨丸」は「新・咸臨丸」として生まれ変わりました。

新たにデジタルアクアリウムが併設され、鳴門海峡に生息する実物大の魚が大型タッチスクリーンに映し出されます。画面をタッチすることで、魚の詳細情報が表示される仕組みになっています。また船内はユニバーサルデザインが使用され、小さなお子様が遊べるキッズコーナーや授乳室が完備されています。

大きなうずしおが期待される日や時間帯はホームページに記載されているので、事前に確認してから予約しましょう。

◆「うずしおクルーズ」 情報
〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
TEL:0799-52-0054
ホームページ:うずしおクルーズ
定休日:なし
授与所:9:00~17:00
駐車場:あり

 

Awaji Kids Garden


出典:Awaji Kids Garden

「Awaji Kids Garden」は、毎週末に開催されるインターナショナルスクールです。2〜6歳のお子さまを対象に、外国人の先生と一緒に淡路島の自然で遊びます。お子さまだけの参加はもちろん、親子一緒の参加も可能です。

寒い時期は、暖かい焚き火を使ったランチやおやつが楽しめます。みんなで火を起こして、外で食べるご飯は最高の美味しさです。

Awaji Kids Gardenのコースは全2種類あります。一つは施設内の森の中で気に登ったり、山に登りながら、遊ぶコース。もう一つの「AKGfarm」は、野菜収穫などをとおして、生命と食の循環を学ぶコースです。

季節によって変化する自然環境は、子供にたくさんの刺激を与えてくれます。そして英語を話すスタッフとのコミュニケーションも、子供たちにとって最高の思い出となるでしょう。
Awaji Kids Gardenで、お子様と一緒に淡路島の自然と英語に触れてみませんか?

◆「Awaji Kids Garden」 情報
〒656-1531 兵庫県淡路市江井682番地
TEL:080-3679-4016
ホームページ:Awaji Kids Garden
定休日:月〜金
営業時間:10:00~15:00

 

小さいお子様連れでも安心!淡路の食材が楽しめるレストラン

のじまスコーラ


出典:のじまスコーラ

「のじまスコーラ」とは、阪神淡路大震災の震源地に近い野島小学校をリノベーションした施設です。小学校の校舎だった部分にはいくつものショップが並び、校庭には動物園が。淡路島の自然やアート、料理が楽しめます。

のじまスコーラにはいくつかの食事スペースがありますが、お子様連れのご家族におすすめなのは「カフェ・スコーラ」です。パスタやカレーなどの定番メニューのほかに、旬のフルーツが使われたドルチェも人気です。また、淡路島の新鮮な朝採れ野菜のサラダバーもおすすめ。

施設内にはレストランやカフェだけでなく、ベーカリーやBBQテラス、マルシェもあります。ご飯を食べたら、お土産を買うこともできちゃいますよ。

のじまスコーラは、GFC淡路島グランデシアから車で約40分の場所にあります。県道31号線をひたすらまっすぐ進むので、海沿いのドライブを楽しみながら向かうのがおすすめです。

◆「のじまスコーラ」 情報
〒656-1721 兵庫県淡路市野島蟇浦(ひきのうら)843
TEL:0799-82-1820
ホームページ:のじまスコーラ
定休日:水曜日
営業時間:10:00~18:00(平日は10:30開店)
駐車場:あり

 

淡路ごちそう館「御食国」


出典:淡路ごちそう館「御食国」

大正時代に建てられたレンガ造りの工場を使った、淡路ごちそう館「御食国(みつけくに)」。大正ロマンの雰囲気漂う赤レンガの壁が、どこか懐かしさを感じさせてくれます。

淡路牛を使ったステーキ丼や、淡路の海の幸をふんだんに使った海鮮丼などが人気です。お子様ランチもあるので、大人から子供まで楽しめるメニューになっています。オニオンスライスは、なんとおかわり自由!淡路島の玉ねぎは辛くないので、お子様でも安心して食べられます。

特産品店では、定番の淡路島土産だけでなく、御食国でしか買えないオリジナル商品もあります。御食国オリジナルの「オニオンスープ」や「オニオンソテー」が人気なんだとか。

館内に大きな段差はなく、スペースが広く取られているので、ベビーカーのままレストランやショップを利用することができます。

◆淡路ごちそう館「御食国」 情報
〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-8
TEL:0799-26-1133
ホームページ:淡路ごちそう館「御食国」
定休日:水曜日
営業時間:11:30~14:30、17:00〜20:00(特産品店は10:00〜20:00)
駐車場:あり(最初の1時間は無料)

 

たこせんべいの里


出典:「たこせんべいの里」

せんべいの工場見学と試食ができる「たこせんべいの里」で、お土産を買うのはいかがでしょうか?

店内には、常時約40種類ものせんべいがズラっと並べられています。気になる味を見つけたら試食して、お気に入りを見つけましょう。家へのお土産はもちろん、贈答用のせんべいもあります。

せんべいといっても、揚げせんべいや焼きせんべい、たこの唐揚げなどもあります。味は、塩やしょうゆなどの定番からトマト&バジル味、カレー味、黒糖&チョコレート味などの変わり種まで。季節限定の味もあります。お子さんと一緒にいろんな味を楽しんでみてください。

休憩コーナーでは、無料のコーヒーをいただけます。ドライブ中の休憩もできます。

出典:淡路島に移住してから

GFC淡路島グランデシアからたこせんべいの里までは、車で約25分の道のりです。帰り際にお土産を買ったり、道中のおやつなどにピッタリですよ。

◆「たこせんべいの里」 情報
〒656-2163 兵庫県淡路市中田4155番1
TEL:0799-60-2248
定休日:不定休
営業時間:9:00~17:00(9・12月は休業日あり)
駐車場:あり(無料)

 

GFC淡路島グランデシア周辺には家族で楽しめる観光スポットが盛り沢山!

瀬戸内海で一番大きな島である「淡路島」。淡路島は年間を通して降水量が少なく、温暖で過ごしやすいです。

そんな淡路島には、家族で楽しめる観光スポットがたくさんあります。アニメやゲームの世界が楽しめるテーマパークや、淡路島の自然を体感できる牧場や施設は、子供たちにとって最高の観光地です。

今回紹介した観光スポットは、すべてGFC淡路島グランデシアから行きやすい場所にあります。GFC淡路島グランデシアへ宿泊の際は、是非参考にしてみてください。

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする