GFCマガジン

magazine

淡路島グランデシア周辺情報

梅雨シーズンにおすすめ!淡路島のあじさいスポット4選をご紹介

 

淡路島西海岸・五色にある「GFC淡路島グランデシア」は、瀬戸内の穏やかなビーチに隣接するラグジュアリーな癒し空間です。

総面積約48,000㎡の広大な敷地に、木をテーマにしたグランピングエリアが先行オープンしています。自然を満喫しながらホテルの快適さも備えたワンランク上のグランピングスタイルを満喫。湯量豊富な夕日ヶ浜温泉もプライベートルームで楽しめるとあって、ほかにはないGFCオリジナルのリュクスで洗練された空間を展開しています。

そのGFC淡路島グランデシアがある淡路島には、関西でも有数の規模を誇るあじさいの名所・おすすめスポットがあります。いずれも車で1時間以内にアクセスできるので、梅雨シーズン(6月~7月)に滞在するなら、ぜひ立ち寄ってあじさい鑑賞はいかがでしょうか。

今回は、そのGFC淡路島グランデシアから立ち寄りやすい、淡路島のあじさいスポットをまとめてご紹介します。

 

あわじ花の歳時記園


出典:あわじ花の歳時記園

兵庫県淡路市長沢にある「あわじ花の歳時記園(あわじはなのさいじきえん)」は、淡路島百景に選定!4000株・約80・種類のあじさいを楽しめる、自然のテーマパーク。GFC淡路島グランデシアから車で約35分の場所にあります。

淡路島の北中部・静かなお山のてっぺんに位置し、敷地面積は約1ヘクタール(3000坪)。毎年6月頃から山一面の広大な園内に4000株・約80・種類ものあじさいが開花し、色とりどりに咲き乱れます。2022年には開園25年目と長い歴史も誇り、兵庫県選定の淡路島百景・あわじ花へんろ第18番札所にも指定されている、あじさいの人気スポットです。

あわじ花の歳時記園では、自然のど真ん中でナチュラルカントリーライフを楽しめる各施設も魅力的。緑の中の高台の喫茶店「喫茶ととや」から見渡せる長沢地区の棚田や瀬戸内海は絶景で、「見晴し台」からは播磨灘の海と空の移ろいや夜景を眺められます。そしてリース作り・絵手紙・草木染め・ハーブ石鹸作りなどの体験を楽しめる「工房ととや」や、自家栽培ハーブを使ったお茶やお料理・お菓子作り・各種体験ができる「ハーブガーデン」、オーナー手作りの名物竹炭風露店風呂(予約制)も併設しています。


※喫茶ととや
出典:あわじ花の歳時記園

 
あじさいロードをお散歩しながら、インスタ映えする写真を撮ってみてはいかがでしょうか。
雨の日も楽しくなってきますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

saki39(@sa_ki_39)がシェアした投稿

◆あわじ花の歳時記園
住所:〒656-2221兵庫県淡路市長沢247-1
TEL:0799-64-0847
ホームページ:http://ajisaien.net/
営業日:月・金・土・日、アジサイ開花期(6月・7月)は無休
営業時間:10:00 ~ 17:00
入園料:
開花期以外 無料
アジサイ開花期 高校生以上500円/小中生400円
駐車場:20台あり

 

兵庫県立淡路島公園


出典:神戸観光壁紙写真集

 
兵庫県淡路市にある「兵庫県立淡路島公園」は、園内3つのポイントで9000株・約40種類のあじさいが色鮮やかに咲く、県立都市公園。GFC淡路島グランデシアから車で約45分の場所にあり、国道28号・県道157号線そして高速道淡路サービスエリアからも直接アクセスできます。

淡路島北部・標高80メートルから200メートルの丘陵地帯に、昭和60年4月に開園。東京ドーム約28個分・面積134.8ヘクタールの広大な敷地に、豊かな自然に恵まれた県立都市公園で、あわじ花へんろ第01番札所に指定されています。園内では6月下旬より9000株・約40種類のあじさいが開花。「森のゾーン」にある3つのポイント(花の谷・アジサイの谷・林間広場)で、色鮮やかなあじさいの花を楽しめます。また2022年は6/4(土)~7/3(日)までアジサイまつりを開催。園内を散策しながらのあじさい鑑賞はもちろん、アジサイ散策スタンプラリー(無料)やフォトコンテスト、アジサイ体験教室(7/3、事前予約制)にも参加できますよ。

兵庫県立淡路島公園の「森のゾーン」では、色鮮やかなあじさいだけなく、豊かな淡路の自然もたっぷり楽しめます。森林内の遊歩道を散策したり、展望広場で明石海峡~大阪湾までの雄大なパノラマを眺めたり、癒しの人気スポット花の谷では四季折々の美しい花が1年中咲き誇ります。そのほか子どもも大人も一緒に家族で楽しめる「交流ゾーン」、明石海峡を眺めつつ食事・ショッピング・庭園散策を楽しめる「ハイウェイオアシスゾーン」、展望デッキや芝生広場とハイキングコースとしても楽しめる「草原と花のゾーン」も併設しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ティアラ(@thiara_1_1)がシェアした投稿

◆兵庫県立淡路島公園
住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425番2号
TEL:0799-72-5377
ホームページ:https://www.hyogo-park.or.jp/awajishima/
休園日:無休(管理事務所は12/29~1/3の間休み)
開園時間:入園自由(管理事務所は9:00~17:00) ※遊具の利用は、9:00~17:00
入園料:無料
駐車場:
無料駐車場(B、C、D、E、F、G 駐車場、ハイウェイオアシス駐車場は普通車560台/大型車51台)
有料駐車場(A1・A2駐車場、3時間まで無料、普通車 500円/日、大型車 1600円/日)

 

あわじ花山水

兵庫県洲本市にある「あわじ花山水(あわじはなさんすい)」は、70種類・4000株のあじさいが植えられている観光農園。GFC淡路島グランデシアから車で約45分の場所にあります。

淡路島の秘境・別天地とされる山の奥にあります。地元出身のオーナーが過疎化の進む集落に人を呼び込もうと田んぼを整備し、自宅周辺にあじさいを植え始めたのがきっかけで、2007年に開園した観光農園。現在は5000平方の敷地内に70種類・4000株のあじさいが植えられています。例年園内では、紫や青・ピンクに色付いた鮮やかなヤマアジサイやセイヨウアジサイが咲き誇り、あわじ花へんろ第44番札所に指定。2022年は6月4日(土)よりあじさい園をオープンしています。

ここでは淡路島の自然に囲まれた日本の原風景の中で、自然に触れて、大人も子どももゆったりのんびりと過ごせます。園内では水車がゆったりと回り、小川ではメダカやアメンボ・イモリなどが生息、小鳥のさえずりと小川のせせらぎに心身ともに癒されて。ブランコと象の滑り台もあるから、小さなお子さま連れの方にもおすすめです。運が良ければ野生のバンビちゃんに会えるかも?!そのほか自然豊かな山奥で静かの楽しめるバーベキュー場や、1日組限定のオートキャンプ場も併設しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kokoro.j(@kokoron2525)がシェアした投稿

◆あわじ花山水
住所:兵庫県洲本市千草戊60
TEL:0799-22-7300
ホームページ:http://www.awajihanasansui.com/
営業時間:令和4年6月上旬~7月上旬 9:00~18:00(入園17:00まで)
入園料:中学生以上500円
駐車場:あり(無料)

 

国営明石海峡公園


出典:アワタビ

 
兵庫県淡路市にある「国営明石海峡公園」は、約16品種・約 14,000株のあじさいを楽しめる!海をのぞむ花と緑いっぱいの公園。GFC淡路島グランデシアから車で約45分の場所にあります。

淡路島の北東部にあり、「海辺の園遊空間」をコンセプトにした国営公園。東京ドーム約9個分もの面積を誇る広々とした園内には、年間を通して四季折々の花が咲き誇り、あわじ花へんろ第03番札所に指定されています。毎年6月~7月上旬には「空のテラス」周辺で約 16 品種・約 14,000 株のあじさいが見頃を迎えます。空のテラスからはあじさい越しに海を眺めることができ、また園内を流れる灘川沿いにも色鮮やかなあじさいが開花。また花の丘道・芝生広場海側園路沿いでは、円すい状の花房が四方八方にピョコピョコ出ているカシワバアジサイが咲いていますよ。2022年は、6月11日(土)から7月3日(日)の期間、空のテラス周辺で見頃の紫陽花を通る「夢ハッチ号 アジサイ特別ルート(定員6組、最大26名まで)」を運行。広々とした園内ですが、夢ハッチ号の利用で気軽にあじさい鑑賞を楽しむことができます。またあじさいなどの園内植物を使ったクラフト体験イベントも行っています(6/18、6/19、6/25、6/26)。

出典:アワタビ

 
広大な面積を持つ国営明石海峡公園には、子供の森・芝生広場・大型複合遊具(夢っこランド)・じゃぶじゃぶ池といったお子さまやわんちゃんが存分に楽しめるスポットもあります。梅雨シーズン、家族連れ、ペット連れで遊びに来るのもおすすめですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さーちゃん(@sayuri.momosora)がシェアした投稿

◆国営明石海峡公園
住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
TEL:0799-72-2000
ホームページ:https://awaji-kaikyopark.jp/
開園時間:
4月1日~6月30日 9:30~17:00
7月1日~8月31日 9:30~18:00
9月1日~10月31日 9:30~17:00
11月1日~3月31日 9:30~16:00
休園日:年末年始(12月31日~1月1日)、2月の第2月曜~金曜
入園料:大人15歳以上450円、シルバー65歳以上210円、中学生以下無料、その他団体/2日間通し券/年間パスポート/お得なセット券などあり
駐車場:
淡路口駐車場(最寄ゲート→淡路口)普通500円/大型1600円/自動二輪100円
東浦口大型駐車場(最寄ゲート→東浦口)大型1600円
海岸南駐車場(最寄ゲート→海岸口)普通500円/自動二輪100円

 

梅雨シーズンにGFC淡路島グランデシア滞在時は、あじさいの名所めぐりもおすすめ

「GFC淡路島グランデシア」周辺には、あじさいの人気スポットがたくさんありましたね。

淡路島での梅雨シーズンは、観光やドライブがてら、あじさいの名所めぐりもおすすめです。なお淡路島のあじさいスポットは、かなり面積が広大だったり、アップダウンの多い地形にあるので、歩きやすいスニーカーや動きやすい服装で散策しましょう。

6月~7月の梅雨に「GFC淡路島グランデシア」にお越しの際は、ぜひこの時期ならではの美しい紫陽花の花を楽しんでみてはいかがでしょうか。

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする