GFCマガジン

magazine

施設紹介

美と健康にうれしい、 地産地消のフレンチ「Parado(パラド)」

パラドでは「おいしく食べて、美しく健康に生きる」をテーマに、当地の新鮮素材を使ったヘルシー・フレンチをご提供しています。

さまざまな野菜の美味しさを際立たせるソースは、バターや生クリームを使用せずに仕上げた植物性。「翌朝、胸やけするのはツラい。食べて元気になる料理がいい。」という方々に向けて体に優しく創られています。

その地に足を運ばなければ得られない産地ならではの贅沢、一皿一皿に驚きが詰まった、食べる人の五感に響く美食を追及しています。

パラドのシェフ岩崎丈二さんは、若かりし頃、日本初のオーベルジュでフランス料理を味わい、衝撃を受け、その後ベルギーやフランスに渡り、本場のフレンチの星付きレストランで、部門シェフを勤めたのち、東京代官山の有名店で副料理長、北陸の有名オーベルジュで料理長として活躍された方です。経験豊富なシェフだからこそできる、こだわり抜いた、ここだけの味です。

※オーベルジュとは
フランスの田舎など郊外に多い、料理が自慢のホテル又は宿泊施設のついたレストランのことをいいます。小規模のホテルが多く、料理だけでなく家庭的なサービスも魅力のひとつです。

パラドで出される食材は、どれもシェフが、山登りや釣りを通して大自然に触れ、地元の方達と交わす人の輪の中で食材を仕入れています。
昔ながらの食べ方を尋ねたり、栽培方法や獲り方を話し合ったうえで使用されるそうです。
常によい地元食材を探し歩いているので、素晴らしい新メニューが続々と誕生しています。

美と健康にインスパイアするフレンチ

また、岩崎シェフの奥様でもある、パティシエの牧子さんは、ベルギー、フランスの店舗で共に働いていました。
岩崎夫婦のコラボレーションによる、芸術とも言えるフランス料理とデセール。

フルーツの持ち味を生かした、季節感たっぷりのデザート



※季節・コースにより食材・内容が異なります。

越前の美しい夕日を眺めながらいただくディナーは、人生のかけがえのない時間となることでしょう。


都会ではなかなか出会いない鮮度の高い食材

この土地でしか味わえない一皿

美と健康に配慮した創作フレンチ

Parado(パラド)はGFCメンバー様だけがご利用いただける、心と体に潤いを与える、至高のフレンチレストランです。

このページをシェアする