GFCマガジン

magazine

お役立ち情報

人生100年時代に!50代から始める充実セカンドライフ準備のすすめ

2020年の日本人の平均寿命は女性87・74歳、男性81・64歳と過去最高を更新し、「人生100年時代」といわれるようになった今日この頃。

定年退職後の第二の人生=セカンドライフも、いまや現役時代と同じくらい長くなりつつあります。

そこで今回は、セカンドライフをますます元気にエンジョイするため、50代からやっておきたい準備とおすすめの愉しみ方を紹介します。

 

豊かなセカンドライフの準備は50代がおすすめ!


50代といえば、まだまだ現役で仕事や子育て中の方も多いかと思います。

しかし、セカンドライフを見据えて準備を始めるのは、実は40~50代からがおすすめなんです。

その理由としては以下のようなことが挙げられます。

  • 住宅ローンや教育費など終了のめどが立ってくる時期だから
  • 定年までの10年前後で、色々な趣味を試してみる時間があるから
  • 早い時期に定年後の趣味や活動の仲間作りがスタートでき、情報交換もできるから

平均寿命・健康寿命ともに年々長くなっており、長い老後を安心して愉しむためには資金計画もしっかりと行いたいですね。

もしシミュレーションの結果「思いのほか費用がかかりそうだ」と分かっても、50代ならまだまだ投資や副業などで資産を増やすことも可能です。

 

豊かなセカンドライフを愉しむために

定年退職後、安心してセカンドライフのスタートを切るために押さえておくべきポイントは次の2つです。

健康第一


年齢を重ねても、身体の調子さえ良ければ大抵のことはチャレンジできます。

50代のうちからバランスの良い食生活や適度な運動を心がけ、健康診断などもきちんと受けておきましょう。

情報収集


たとえば「定年後は夫婦でキャンピングカーで日本中を回ってみたい」と計画している方もいるかもしれません。

その場合はキャンピングカーの価格や購入手続き・メンテナンスなどについて調べ、情報収集を始めておくと、

「孫も連れていきたいから車種は大きめがいいかも?」
「わが家の駐車スペースは十分なのか?」
「まずはレンタカーで体験してみようか」

といった検討事項も分かり、万全な状態でセカンドライフのスタートを切ることができます。

 

60代・70代・80代…セカンドライフはどう過ごす?


「最近のシニアは昔に比べて若々しい」と感じる方は多いのではないでしょうか。

日本老年学会も「現代の高齢者は10~20年前と比較して加齢による身体的機能変化の出現が5~10年遅い」つまり、今の60代以降は5~10歳も身体が若いという見解を発表しています。

参考:https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/proposal/pdf/definition_01.pdf

そんな現代に生きる皆様は、60代はもちろん70代・80代と元気にセカンドライフをエンジョイできそうですね。

具体的なセカンドライフの愉しみ方にはどのようなものがあるでしょうか?

  • スポーツ…ウォーキング、ゴルフ、テニス、ゲートボール、山歩きなどのスポーツは健康維持もできて一石二鳥です。初めてのスポーツは無理せず愉しめるレベルから始めましょう。
  • 芸術…陶芸、絵画、書、写真など。作品をSNSで発表すれば、同じ趣味を持つ仲間と交流できたり、感想をもらえて励みになります。
  • 芸能…楽器、カラオケ、詩吟、社交ダンス、フラなど。独学よりも教室に通う方が上達が早く、仲間もできるのでおすすめです。
  • ライフスタイル…菜園・料理・釣りなど。家族にも喜ばれる趣味はやりがいもありますね。

若い頃にやっていたけれど仕事や子育てに追われていつしかしまい込んでいた…そんな道具を引っ張り出したり、新調して再開したりするにも、セカンドライフは良いタイミングです。

また、地域の子供の見守り、街頭や花壇の美化、防犯パトロール、観光案内といったボランティア活動に参加する方も多くおられます。

そして、今も昔も、リタイア後の人気のアクティビティはやはり「旅行」です。

週末やお盆・年末年始といった混み合う時期を避け、ゆったりと旅を愉しめるのはセカンドライフの醍醐味といえそうですね。

さらに、常宿感覚で「別荘を持ちたい」と考える方もいらっしゃるかと思います。

それなら、GFCの会員制リゾートはいかがでしょうか。




GFCは、淡路島・越前・奥琵琶湖・湯の山・白馬・白浜などにある多彩な宿泊施設を「所有しない別荘」として利用できるメンバーシップクラブです。

各施設には、ホテルタイプのお部屋から戸建てタイプのヴィラやログハウス、グランピング施設「住箱(じゅうばこ)」などが揃い、ご家族や気のおけない仲間とゆったり水入らずで過ごせます。

また、個人の別荘では難しい大きなプールやテニスコート、一流シェフが腕をふるうレストラン、エステなども施設ごとに備えています。

ドッグランやペット宿泊OKのお部屋も完備、愛犬と一緒の滞在も可能です。

詳しくは以下からお気軽にお問い合せ下さい。お部屋や施設の案内資料を無料でお送りいたします。

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする