GFCマガジン

magazine

奥琵琶湖レイクシア周辺情報

【日本の桜名所100選】びわ湖 海津大崎の桜はサイクリングがおすすめ!

 
GFC奥琵琶湖レイクシアのすぐ近くにある海津大崎。
その海津大崎の桜は、日本の桜名所100選にも選ばれる絶景スポット。
そんな海津大崎の観光方法は、サイクリングが一番おすすめです。
今回の記事では、気楽にサイクリングで桜を楽しんでもらえるように、実際の楽しみ方を取材してきました!


 

海津大崎の桜はサイクリングがおススメ!

海津大崎の桜を見るにあたって、しっかり楽しむためには自転車をおすすめします。

なぜなら、琵琶湖湖岸沿いはとても風が気持ちよく吹き、また湖面に反射した太陽が春の陽気を感じさせてくれるため、サイクリングにはうってつけの環境なんです。

また海津大崎の桜は周辺には駐車場が一切なく、車では楽しみづらいスポットというのもサイクリングをおすすめする理由です。

 

海津大崎の桜をサイクリングで観光

それでは早速、海津大崎のサイクリングの楽しさをお伝えしていきます!
今回、紹介するおすすめサイクリングルートと予定時間はこちら。

9:30 車でJRマキノ駅まで行き、自転車を借り出発

10:00 海津大崎の桜を観光

12:30 道の駅「マキノ追坂峠」で地場産のお土産物色とランチ

14:20 メタセコイア並木を観光

15:30 マキノ駅に到着

(※本記事の写真は2022年4月8日に撮影したものです。気温や天気により一気に桜が満開になり、葉桜になってしまう場合がありますのでご了承ください。)

今回の記事ではメインとなる海津大崎の桜にスポットを当てて紹介していきますね。

 

【9:30】マキノ駅で自転車をレンタル


自転車はマキノ駅で借りることができます。料金は1日500円。電動自転車なら1日1,000円です。
今回の取材では9:30に500円の自転車を借りましたが、土日であればレンタル自転車が全て借りられてしまう可能性があるため、お店の開店時間の9:00に行くことをおすすめします。

びわ湖高島レンタサイクルのご利用方法はこちら→

 

【9:40~12:00】海津大崎の桜を観光!

それでは、実際に撮影してきた写真を見ながら、海津大崎の桜をご紹介します!
自転車を借りて10分ほど走ると、海津大崎の桜が見えてきます。

琵琶湖沿いに桜がたくさん並んでいますね!
この日は桜が五部咲~七分咲きです。まだまだ始まったばかりですが、進めば進むほどもっと多くの桜が咲いていることを感じさせてくれますね。
実際にいくと分かりますが、この時点でとても楽しいです!!


しっかり自転車を漕いで進んでいますが、ついつい琵琶湖と桜がキレイに見えるところがあると立ち止まってしまいますね(笑)

 

絶好の休憩スポット「近江湖の辺の道」

さらに進んでいくと、絶景の海津大崎の桜を見ながら休憩できるおすすめスポット「近江湖の辺の道」に到着します。

桜に囲まれながら、いくつも休憩できる木のベンチが並んでいるので、多くのお花見客がこちらで休憩されていますね。
そして海津大崎の桜ルートでは、ここだけ出店が出店されています。お弁当を持参してピクニックをしている方も多いですが、出店で買った串焼きなどを食べて楽しむこともできますよ!

別の角度から見ても、たくさんの方が楽しそうに休憩されていますね。
またこの日は小学校の入学式だったのか、かわいらしい小学生の方が両親と一緒に記念撮影されていました。
桜と言えば、新しい出会いや新生活が始まる季節。そのスタートにこんなキレイな桜を見れると、これから頑張れる気がしますね。

こちらは近くで撮影した桜。七分咲きでもとてもキレイですね。
これが満開になると、もっとキレイになるのは間違いありません。

 

甘味で一休みができる「吉田彬酒店 大崎売店」

海津大崎の桜ルートの中で唯一お店の「吉田彬酒店 大崎売店」。
こちらでは草もちや桜もち、花見だんご等の甘味が売られています。


せっかくなので私も店員さんの一番のおすすめ商品「花の舞」を購入しました。
パッケージが桜柄になっていて、桜と琵琶湖を背景に撮影しても、とても写真映えしますね!


中にはしっとりとしたこしあんが入っており、甘いです。なんだかほうじ茶を飲んで一休みしたくなりますね(笑)

 

長く続く桜のアーチ

吉田彬酒店 大崎売店をすぎると、そこからは琵琶湖と桜のアーチを長く楽しむことが出来ます。あまり建物がないので、心ゆくまで琵琶湖の風と桜を楽しめる区間ですね!

一方で琵琶湖から吹く風が強い時もあります。今回の記事ではGFC奥琵琶湖レイクシア付近まで走りますが、程よく満足した所でUターンしてもいいですね!

 

GFC奥琵琶湖付近で折り返し


GFC奥琵琶湖レイクシアの付近にもキレイな桜があります!
桜のトンネルもありますし、湖岸沿いでも写真撮影が出来ますよ。

また来た道を折り返す時も、同じ道でも向かう方向が違うだけで違った見え方がして、帰り道もしっかり楽しめますよ!

 

【12:30~13:50】道の駅「マキノ追坂峠」でお土産探しとランチ

海津大崎から戻り、20分ほど移動したところにある道の駅「マキノ追坂峠」。
ここは滋賀のお土産探しとランチにおすすめです。

お土産はメタセコイヤ並木にちなんだチョコレートや地元名物の扇子などが売られています。
ランチはそばやかつ丼などオーソドックスな料理が揃っているので、好き嫌いなく食べれるところが魅力ですね!

 

【14:30~15:00】メタセコイア並木を観光


サイクリングの最後には、滋賀県でも屈指の観光スポット「メタセコイア並木」です。
春夏秋冬で違った景色の景観を見せてくれる事でも有名ですが、4月はまだ葉がなく通好みなさっぱりとした状態。
ですが、大きな並木道を見るだけでも一見の価値ありです!
メタセコイア並木については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

▼四季折々の美しい景色が楽しめる滋賀県の観光スポット「メタセコイア並木」の記事をチェック

そしてこのメタセコイア並木を観光し終わると、マキノ駅へ向かい自転車を返却すると15:20にサイクリングが終了します。

 

まとめ


今回は日本の桜名所100選に選ばれている海津大崎を中心としたサイクリングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

サイクリングで琵琶湖の風と春の陽気を感じつつ、壮大な桜の景観を楽しめるおすすめの観光方法です。桜シーズン以外でも十分愉しんでいただけると思います。

サイクリングを楽しんだ後にGFC奥琵琶湖レイクシアでリラックスした時間を過ごす、そんな過ごし方もおすすめですね。

今回紹介した海津大崎の桜のサイクリングは、GFC奥琵琶湖レイクシアから行きやすい場所にあります。GFC奥琵琶湖レイクシアへ宿泊の際は、是非参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人
てくてく
旅行・グルメライター。普段は滋賀の美味しいもの、楽しいスポットなど魅力を伝える「滋賀てくてくガイド」を運営

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする