GFCマガジン

magazine

白馬リフラシア周辺情報

【長野・白馬の人気温泉地5選】冬こそ行きたい絶景・秘湯巡り

秋が深まり、日に日に寒さが増してくると、恋しくなるのは、やっぱり“温泉”。雄大な景色を眺めながらのんびり温泉に浸かっていると、身も心もゆったり、癒されますよね。

中でも長野県白馬村は、いくつもの源泉が湧き出る国内でも珍しい温泉の郷として知られています。

今回はその中でも、地元の人々に愛されるとっておきの温泉スポットをご紹介。各源泉の特徴や効能も併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

白馬の温泉巡りを愉しむ前に


長野県白馬村には、名のある源泉が4つあります。まずはそれぞれの特徴と効能をチェックしましょう。

白馬八方温泉

肌の角質をやわらかくしてくれる“ピーリング効果”と殺菌効果を兼ね備えた“強アルカリ性”の温泉。少しとろみがあるお湯は、浸かるとスベスベ・ツルツルのたまご肌になると評判です。また、日本屈指の“水素温泉”であり、アンチエイジングの効果が期待されています。

白馬塩の道温泉

2,500万年もの間フォッサマグナに閉じ込められていた海水を、地下1,500mの地層から汲み上げているこちらの温泉。塩分や鉄分を含むお湯は保温性が高く、湯上り後もポカポカです。また、体への浸透性が高く、短時間の入浴でも温泉の効能をしっかりと感じることができます。

白馬姫川温泉

“弱アルカリ性よりの中性”という泉質を持つこちらの温泉は、肌への刺激が少なく、乾燥肌にも優しいという魅力があり、冬の温泉旅行にぴったり。また、コラーゲンの生成や新陳代謝を即す働きを持つ“メタケイ酸”が多く含まれており、“美肌の湯”として人気を集めています。

白馬かたくり温泉

無色透明のお湯は、ミネラルがたっぷり。肌当たりやわらかな泉質は美肌や冷え性に効果があるといわれ、女性の人気も高い温泉です。さらに筋肉や関節の痛み、疲労回復の効果もあることから、スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツの後にぴったりの温泉としても知られています。

また、白馬で温泉巡りを愉しむなら、温泉共通入浴券の購入がおすすめ。一冊1,200円で1,500円分の入浴券として利用でき、お得に温泉巡りを愉しむことができます。村内の道の駅や観光案内所で購入できるので、ぜひお立ち寄りください。

それでは、白馬の人気温泉地を順にご紹介していきます。
—————————————————

八方の湯〈白馬八方温泉〉


まず最初にご紹介するのは、白馬八方温泉の中でもっとも大きな日帰り温泉施設「八方の湯」。100軒以上の温泉宿泊施設が並ぶ“八方温泉街”の入口にあり、天然水素を含む露天風呂が人気です。浴槽からは白馬三山をはじめとする、風光明媚な白馬の山並みをご堪能いただけます。


こちらのもうひとつの名物が、白馬温泉のお湯を使って作る“温泉うどん”。コシのあるツルッとした食感で、お風呂上がりの腹ごしらえにぴったり。また、温泉で温まった体にうれしい“八方牧場ソフトクリーム”もおすすめです。

八方の湯
住所:長野県北安曇郡白馬村北城大字5701-2
電話番号:0261-72-5705
営業時間:12:00~19:30
※毎週木曜日は館内メンテナンスの為、正午から営業
閉館時間:20:00
入湯料:大人800円、小人400円

 

郷の湯〈白馬八方温泉〉

八方バス停からゴンドラリフトへ向かう道中にある、昭和63年創業の日帰り温泉「郷の湯」。冬から春にかけて営業されている、白馬でも珍しい温泉です。こちらの見所は、建物・湯船・湯口すべてが六角形というなんともユニークな造り!香り豊かなヒノキの浴槽で愉しむ温泉は、源泉かけ流し100%で体の芯から温まります。


天井が高く明り取りの窓が建物上部にある造りのおかげで、湯気がこもらず、自然光だけでも十分な明るさ。窓を開けると八方尾根を望むことができ、大自然の癒しのパワーを存分に感じられます。

郷の湯
住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城八方5170
電話番号:0261-72-6541
営業時間:14:00~19:30
休館日:4月上旬~12月中旬
閉館時間:20:00
入湯料:大人650円、小人300円

 

倉下の湯〈白馬塩の道温泉〉


次にご紹介するのは、木造の落ち着いた建物が印象的な「倉下の湯」。豊かな温泉湧出量を誇り、毎分45リットルもの源泉をかけ流しで愉しめます。

鉄分を多く含み、地上に出ることで茶褐色になる不思議なお湯はなめらかで、塩分も多く含まれているため、体を芯から温めてくれるのだとか。北アルプスに望む露天風呂は、運が良ければ絶景をひとりじめできますよ!

倉下の湯
住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城9549-8
電話番号:0261-72-7989
営業時間:10:00~20:30
休館日:無休
閉館時間:21:00
入湯料:大人600円 小人300円

 

天神の湯〈白馬姫川温泉〉

五竜岳から栂池高原まで、白馬の美しい景色を一望できる露天風呂が自慢の「天神の湯」。こちらで満喫できる白馬姫川温泉は、別名“熱の湯”と呼ばれるほど保温性が高く、冬でも湯上りの温かさを長くキープできると人気です。

湯加減も程良く、その心地よさは思わず長湯したくなること間違いなし。近場には多くのゲレンデがあるので、スキーやスノーボード帰りにもおすすめです。

天神の湯
住所:長野県北安曇郡白馬村北城21582
電話番号:0261-72-3450
営業時間:11:00~19:30
閉館時間:20:00
入湯料:中学生以上700円、3歳~小学生 400円

 

十郎の湯〈白馬かたくり温泉〉

まるで昭和の世界にタイムスリップしたかのような、レトロな外観の「十郎の湯」。肌への刺激が少ないやさしい温泉は、小さなお子様からご年配の方まで、幅広い世代に愛されています。営業時間も22時までと長く、「遅くまで観光を愉しんだ後でも温泉に入れる」と評判です。

こちらの温泉は大広間や個室のお休み処も完備しているので、トレッキングや運転で疲れた体を休めたい時にもぴったり。風情ある囲炉裏を備えたお食事処では、旬の味覚をふんだんに使ったお料理も味わえるので、ぜひご賞味ください。

十郎の湯
住所:長野県北安曇郡白馬村神城25555
電話番号:0261-71-8160
営業時間:10:00~21:30
閉館時間:毎週第2火曜日
入湯料:大人600円、小人500円

 

この冬は、「GFC白馬リフラシア」でのんびり温泉巡り

長野県白馬村で温泉巡りを愉しむなら、「GFC白馬リフラシア」を拠点にするのがおすすめです。一面の銀世界が広がる静謐な森の中、木のぬくもりあふれるログハウスで優雅なひとときをお過ごしいただけます。また、岩岳・栂池のゲレンデも近いので、温泉と一緒にウィンタースポーツが愉しめるのもポイント。これからの季節はぜひ、長野・白馬で、温泉三昧の旅を愉しんでみませんか?

◆GFCの事を詳しく知りたい方のために、無料でカタログをお送りします。資料請求はこちらから⇒

GFCの詳細資料を一週間以内にお届けします。

資料請求・お問い合わせはこちら

このページをシェアする