GFCマガジン

magazine

施設紹介

奥琵琶湖レイクシアの1番の自慢はレストラン「スワン」の会席料理!

奥琵琶湖レイクシア内にある和食レストラン「スワン」の評判が良いことを先日少し触れさせていただきましたが、そんな私も実はまだちゃんといただいたことがなく、いつも奥琵琶湖に出張で行くときは賄いでも充分に美味しかったので、果たしてお客様にご提供するお料理はどれだけ美味しいのだろうか?と、いつかフルコースを食べてみたい!と夢見ていました。

そして先日、念願叶って、和会席コース「湖桜」を堪能してまいりましたーーーーー!!

 

先付け

車海老と雲丹の燻製羽二重蒸し

羽二重蒸し(はぶたえむし)とは、裏ごし器にガーゼをのせ二重にした状態で通常よりさらにきめ細かく漉し、なめらかに蒸し上げる蒸し物のことで、茶わん蒸しよりも卵白がメインになるお料理です。舌触りなめらかで車海老のぷりぷり感と雲丹の濃厚な味わいが口の中に広がり、次のお料理への期待が膨らんでいきます!

前菜

醍醐豆腐・ハタハタ酒盗焼き・敦賀甘海老塩麴和え・赤蒟蒻とバイ貝の酢味噌和え・帆立貝柱あられ揚げ

醍醐豆腐は、当店独自の製法で作られた人気の一品!ゴルゴンゾーラの濃厚クリーミーな深い味わいと美味出汁と山葵が絶妙なバランスでお酒がすすみます(笑)

ひとつひとつ味わいや食感が異なり、いろんなものをちょこちょこっと食べたい!という、欲張りな乙女心をくすぐる5種類の前菜でした!

向付

お造り盛り合わせ

敦賀漁港でその日に獲れた料理長こだわりのお造り盛り合わせ。この日は、マグロ・鯛・鯵・バイ貝・帆立貝柱。どれも鮮度が良く美味しいのは当然、赤身、白身、青魚、貝類とバリエーションも楽しめてよかったです!

焼物

金目鯛木の芽焼き

木の芽のふくよかでみずみずしい山椒の風味が、ふっくらと甘みのある金目鯛の味を引き立て上品にふんわり広がり幸福感に満ち溢れました!万願寺唐辛子の苦みとパプリカの酢漬けのさっぱり感、お野菜一つ取っても抜かりなく添えられています。

冷鉢

滋賀県安曇川産鮎そうめん 温度卵柚庵漬け

直前に茹で、しっかりと冷やした素麺に、朝仕入れた鮎を開いて塩水につけて夕方まで干して旨味を引き出してから揚げた香ばしい鮎と温度卵(黄身のみ)の柚庵漬け、茗荷と柚子が自家製麵つゆと絡み合う絶妙な味わいに一同感激!美味しくてため息がこぼれました!食べたときの感動を今でも思い出すほどです!!!これは夏の時期にしか味わえないので、ぜひこの夏に味わっていただきたい一品です。

強い肴

和牛ロース炙り焼き

第一声が「やわらか~~~~い、おいし!」。和牛ロースを柚子胡椒大和芋を絡ませていただく和の味わいにほっぺがとろけ落ちる美味しさでした!

鍋物

鱧しゃぶ

丁寧に骨切りされた鱧を昆布でとった出汁にくぐらせてポン酢でいただきます。鱧の鮮度があって、ふわふわの食感と香りが最高でした!

お食事

近江こしひかりのとうもろこし御飯

とうもろこしの甘さとほのかに香るバター、プチプチと弾ける食感、ふっくら炊き上がった御飯の甘じょっぱさがちょうど良い塩梅で最後にほっこりとした気持ちになりました。

水菓子

赤肉メロン・シャインマスカット・巨峰

 

最初から最後まで、丁寧に仕込まれたお料理。随所に感じられる料理長のこだわりと優しさに満ちたお料理の数々に始終笑顔が溢れ出し、幸せに満ちた美味しい時間でした。

まだ奥琵琶湖レイクシアレストラン「スワン」で会席コースを召し上がられたことがない方は、ぜひ一度召し上がってみてくださいね!大満足すること間違いなしですよ!

 

今回いただいたのは会席コースの「湖桜」7,150円ですが、「山吹」4,400円もございます。

「湖桜」との違いは食材と品数の違いです。

 

仕入れ状況により、メニューはその都度変わりますのであらかじめご了承ください。

※7/22(木)から8/22(日)は、夏季特別会席コース6600円のみとなります。

このページをシェアする